計画から思い出づくり|結婚式準備も楽しくスムーズに進めていこう

wedding

二次会の計画で

happy wedding

二次会では結婚式の時とは違ってウェディングドレスの金額が高額になってしまいますので、自分で準備をしなくてはなりません。最近では二次会用ドレスを販売している通販サイトが多くあるのでとても便利です。

Read More...

自作で準備

happy wedding

結婚式の招待状や座席表を手作りにしたいというカップルや夫婦も多くいて、最近では結婚式用のペーパーアイテムを取り揃えているお店が出てきています。中には招待状作成のサービスを提供しているとこもあります。

Read More...

現代までの結婚式

神話から始まる結婚式の歴史

happy wedding

日本の結婚式の起源は、なんと神話の時代にあると言われます。 その後、平安時代、鎌倉時代の婿入り婚を経て、武家社会の発展と共に現在の嫁入り婚となり、室町時代には日本の婚礼文化はほぼ整っていたようです。 ウェディング業界の成立は文明開化の頃、写真館での記念撮影がその起源です。結婚記念の一枚や、お見合い写真などが撮られるようになり、それが様々な形に派生して発展し、現代まで続いています。 古代エジプトやギリシャでも用いられたウェディングドレスが、日本でも頻繁に用いられるようになったのは、高度経済成長期のまっただ中、1960年代です。 実はウェディングドレスは最初から純白を用いていたわけではありません。17世紀以前の西洋では、黒や暗い色のドレスが人気だったとか。それ以降、白は花嫁の純潔を象徴するようになり、白無垢のイメージと重なり、日本でも浸透するようになっていったのではないでしょうか。

小規模になりつつある結婚式

戦後の日本では、芸能人や海外セレブの華やかな挙式、壮麗なロイヤルウェディングなど、様々な影響があって、結婚式や披露宴は年々盛大になっていきました。 しかし、バブル崩壊後景気が下向きになると、結婚式にかける費用は減少傾向となり、最近では結婚式や披露宴をしない傾向も強くなっています。 そんな中、こぢんまりとしたアットホームなレストランウェディングや、家族や親しい友人だけを招いた「プチウェディング」が人気を集めているようです。 招待客を少なくする事で国内のリゾートウェディングもやりやすく、費用を抑えた小規模な結婚式は、今後も増加すると思われます。 ただ、一般的な結婚式ではないため段取りが難しかったり、演出が制限され盛り上がりに欠けるなどのデメリットを解消する手段は必要で、ウェディング業界の企画や提案には改善が求められます。

花嫁の衣装

happy wedding

花嫁は結婚式ではウェディングドレスを着用しますが、二次会の場合はべつのドレスを着用することになります。今どきのキ二次会用のドレスの購入は通信販売を利用することが一般的になっています。

Read More...